店舗・施設・住宅の除菌・洗浄・消毒

強アルカリ電解水(イオン水)

強アルカリ電解水(イオン水)というのは洗浄する時に洗剤の代わりに使用する水です。環境にも配慮しつつ洗浄力もあり、菌やウイルス除去もできる材料です。

「新型コロナウイルスに効果がありますか?」というご質問へ回答します

薬事法の関係上、「効果が有ると思います。」としかお答えできません。医薬品、医薬部外品の認証が取れていない薬剤は 殺菌や失活のエビデンス(証明、根拠)が有っても、ウイルスや菌の固有名詞を使用して効能を謳ってはいけないルールになっております。

例)
・新型コロナウイルスを失活できます。
・O-157大腸菌を殺菌できます。


ZKシリーズで生成される強アルカリイオン電解水は「安心、安全な洗浄・除菌剤」「環境配慮型の洗浄・除菌剤」として様々な分野でご使用をいただいておりますが「殺菌剤」としての医薬部外品の認証は受けておりません。

しかし、実験データ取得目的で第三者機関に依頼した各テストにより各種ウイルス、細菌に効果があるという結果も出ております。

新型コロナウイルスに効果が有ると思う根拠

「エンベローブウイルス」は脂質の膜を溶かすだけで失活できる比較的、弱いウイルスです。一方、ノロウイルスのように体内に入り込み胃酸や胆汁などにも抵抗できる「ノンエンベローブウイルス」はアルコールでは失活させることが出来ない。強いウイルスです。

○ エビデンスは無いがノンエンベローブウイルスに有効であればエンベローブウイルスにも有効。 強アルカリイオン電解水(pH13.1) タンパク質を溶かしてカプシドを破壊 ○
ノロ、犬パルポウイルスでエビデンス有り

そんな強いノンエンベローブウイルスに有効であるというエビデンスがある強アルカリイオン電解水はエンベローブウイルスである「新型コロナウイルス」に効果が期待できます。
※新型コロナウイルスその物を採取して失活テストをしていないのは、全ての薬剤に言えることです。

強アルカリイオン電解水をウイルス対策や除菌目的で使用することに問題が有るか?

いいえ、全く問題ありません。

世の中には医薬品、医薬部外品ではない衛生商品があふれています。強アルカリイオン電解水を使用しないのは勿体ないと思います。

これらの商品は全て認証外。 殺菌、消毒、失活とは表記できません。

※因みに最近、スーパーや飲食店の入り口に設置しているアルコールの多くは食品添加物で「殺菌」用では有りません。効果の有る、無いは別としてこれらで手を洗浄しても「殺菌」「消毒」したとは言えません。今現在、医薬部外品認証のアルコールなどは手に入らない状況です。法規的に言えば、食品添加物のアルコールで手指消毒がOKならば 強アルカリイオン電解水でもOKと言うことになります。

医薬品、医薬部外品の認証を取らなくても「除菌」や「消臭」などの単語は使用してもOKです。中には、この抜け道を利用して 本当の殺菌効果や失活効果が疑わしい商品もたくさん存在します。

その点、強アルカリイオン電解水は効果の根拠もあるのでそれらの商品とは一線を画します。

 

 

各薬剤の性能比較

皮膚刺激臭気環境金属腐食残留性保管性扱い易さ汚れ分解細菌ウイルス医薬部外品認証

僅かに手荒れ

アルコール臭


×
引火性消防法の危険等級Ⅱ
△ 引火性 ・水分が有ると効果喪失×
皮脂汚れ等有機物の分解能力 小

一般細菌に有効

エンベローブウイルスに有効

認証外商品がたくさんある
××
化学やけどの危険性
××
強烈な塩素臭
××
金属を著しく腐食
×
著しく残留

紫 外 線 ・ 熱で分解
×
毒性、腐食性により養生防護が必須

アルカリ成分により一定の洗浄力有

一般細菌芽胞菌に有効

エンベローブ、ノンエンベローブ両方に有効

ハイターは洗濯用で雑貨扱い


極僅かな塩素臭

水道水以上に錆を発

××
紫外線・熱で著しく分解
××
皮脂汚れ等有機物の分解能力皆無

一般細菌芽胞菌に有効

エンベローブ、ノンエンベローブ両方に有効


無臭



清浄な密閉容器にて長期保存可

皮脂汚れ等有機物抜群の洗浄力

一般細菌に有効

エンベローブ
ノンエンベローブ
両方に有効

アルコール
洗浄力を持たないので、手垢などで汚染された箇所を拭き上げても有効成分が中まで届かず効果を発揮しない例もある。アルコールは70~80%濃度時に効果を発揮する(薄くても濃くてもダメ)予備洗浄で発生した水分が少しでも残っているとアルコール濃度が下がってしまうため、対象物を完全に乾かしてから使用する必要がある。

次亜塩素酸ナトリウム
効果は絶大であるが人体や洗浄対象物に様々な悪影響を及ぼしてしまう。すすぎ作業や2度拭きが必須で、安全に使用するには細心の注意が必要刺激性や腐食性を避けるために0.1%濃度以下に希釈した溶液では殺菌や失活の効果は期待できない。

微酸性電解水・次亜塩素酸
弱酸性領域での次亜塩素酸HOClはイオン化しておらず、電気的にも中性で分子構造も小さいため菌やウイルスの細胞膜を透過し直接、DNA等の内部を破壊する。その為、人体に影響もない、臭いも極僅かにするだけの塩素濃度で抜群の殺菌、失活効果を発揮する。しかし、弱酸性の為、洗浄力が無く汚れの中にいる菌やウイルスに効果が発揮されない。また、その酸により、金属面などに錆を発生させてしまう。微量にしか含まれていない次亜塩素酸は紫外線や熱で簡単に分解してしまうため、保管保存が非常に難しい。医薬部外品ではないので「殺菌」や「消毒」を謳えない。※強アルカリイオン電解水と同じ。

水洗いによるアルカリ残留比較試験

PH試験紙の色がアルカリの残留アルカの残留はみとめられない。

大気と触れる事での中和試験

1時間経過時 3時間経過時 6時間経過時 12時間経過時
イオン水 pH13.1 12.8 12.3 11.1 9.8
アルカリ洗剤 pH11.7 10.9 10.5 10.2 9.9

強アルカリイオン電解水に含まれるアルカリは大気中のCO2を取り込むことで中和しますので洗浄・除菌対象物への残留性が極めて低いと言えます。

食品衛生法で定める「食品を洗浄するための洗浄剤基準」をクリアしています。

「安全」「衛生」を求められる食品製造の現場で強アルカリイオン電解水は活躍しています。強アルカリイオン電解水は食品衛生法で定められた「食品を洗浄するための洗浄剤基準」をクリアしています。(pH13.1)

アルコールや次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸水で菌数制御の出来なかった現場の改善に「安全で強力な洗浄剤、除菌剤」として活用されています。

「最後に」

薬事法等の様々な法規制に順守することは、私たち自身の安全を守るためにとても重要なことだと思います。しかし、昨今の「緊急事態時」において法規制にとらわれるあまり、現実の現場では「使用できる薬剤が入手できない」「できたとしても高額すぎる」などの問題も発生しています。そんな、現実を解決するために酒造メーカーが飲料用名目で有効アルコール濃度に達したお酒を販売するような動きも出てきております。

ZKシリーズで生成される強アルカリイオン電解水は

  • 安全で取扱いが簡単。
  • あらゆる薬剤と比較してコストが安い。
  • しっかりとした効果が期待できる。

現在の状況を打破する「洗浄・除菌剤」となり、皆様の現場の強力な手助けが出来るものと考えております。

シックハウス症候群にも有効です。

 

お気軽にお問い合わせください。078-920-861224時間対応しております

メールでお問い合わせ お気軽にお問い合わせください。
Return TopPAGE TOP